スピリチュアルブログ

原因のわからない体調の変化の原因?!実は家相より地相が大切だった?!

看護師として臨床で働いているとよく不定愁訴と言われる

血液検査やレントゲン、CT、MRIなど色々な検査をしても特に問題はないのに

頭痛、吐き気、めまい、ほてり感、動悸などの体調の変化や怒りっぽい、心配性、

気持ちのムラが大きい、うつ傾向などの心の不安定さに悩まされている方を

見る機会があります。

日本では、風水などにこだわりを持たれる方は家相というおうちの間取りに関してなどは

気にされるかと思います。

実は地相という土地のエネルギーの相によってこういった原因不明の体調不良などの

症状が出ることがありますので、本日はそんなお話を少ししていきたいと思います。


地相って何?

元々「地相」というものは土地の吉凶を見るものです。

家相にこだわっても地相が悪ければあまり運気の良くない場所となってしまうかも・・・

ではどんなポイントを見れば良いのかをお話していきます。

地相を見るポイント

地相を見るときに大切なのはまず、周りの環境です。

その土地の周辺にどのような建物があるのかや

道路や高圧電線などの位置関係も大切ですし、

川や海が近かったり、山が近かったりするのか、

お寺や神社の近くなのか、墓地などが近いかなどもポイントです。

基本的には四角い土地ではなくどこか欠けたような土地ではない方が望ましかったり、

家を建てる場合は家相上の玄関や勝手口などの関係で

鬼門(北東)や裏鬼門(南西)が道路と面していない方がよかったり、

道路の突き当りに位置していたり、

盆地のような窪んだ土地は悪い気が溜まりやすいとされています。

特にご自身がその土地に立った時に「なんか嫌だな」と感じる土地は

自分と相性が合わないということもあるかと思いますから、

おうちを立てる場合は気にしてみると良いかもしれません。

本日はちょっと地場的な観点から、あまりお勧めしない土地というものを

知っていただきたいと考えています。

地磁気と電磁波

元々、地球では地磁気という地球が持っている磁気、そして地球から発生する磁場があります。

1952年にドイツの物理学者であるヴィンフリート・オットー・シューマンにより発見された

シューマン共振というものです。

シューマン共振がどのようなものかというと

『シューマン共振(シューマンきょうしん)あるいはシューマン共鳴(シューマンきょうめい、Schumann resonance)は、地球の地表と電離層との間で極極超長波 (ELF) が反射をして、その波長がちょうど地球一周の距離の整数分の一に一致したものをいう。その周波数は7.83 Hz(一次)、 14.1 Hz(二次)、 20.3 Hz(三次)、……と多数存在する。常に共振し続けているので常時観測できる。』(Wikipediaより引用)

つまり簡単に言えば地球が発している周波数です。

そしてその周波数が様々な要因にて影響を受け、人体に有害な周波数へと変化してしまうことで、発がん率が上がってしまうということが、当時のドイツで研究されて明らかになりました。

それがジオパシックストレスというものです。

当時の研究ではこのジオパシックストレス上で3年眠ると発がん率がアップしてしまうとか。

こう聞くと少し怖いですよね。

ではジオパシックストレスが強い場所とはどのような場所なのでしょうか。

ジオパシックストレスの原因

ジオパシックストレスの原因となり得るものとしては以下のようなものがあります。

  • 地下の水脈
  • 断層や地面の亀裂
  • 地中のラジウムなどの放射線
  • ハートマンネット(広域碁盤目)
  • カリーグリッド(対角線碁盤目)
  • 下水管などの地下に設置された人工的なもの
  • 高圧送電線からの電磁波
  • 電化製品、携帯電話などから発せられる電磁波

実際にこういったものからの身体の影響として、心拍増加や呼吸数増加、筋電位の変化、

免疫グロブリン反応(アレルギー)や電解質の変化などが起こってしまいます。

そのため、このジオパシックストレスのある環境に長時間いないようにすること、

もしくは何らかの対策を行うことが必要となってきます。

特に人間は寝ているときがその場所に最も長く留まる時間となりますので、

寝室、とくにベッドの位置には注意した方が良いです。

私の家は大丈夫かな?とご心配の方も多いかもしれません。

ジオパシックストレスのサインをお伝えします。

ジオパシックストレスのサイン

ジオパシックストレスのサインとして、このようなことが起こりやすいです。

皆さんのご自宅周辺は大丈夫ですか?

  • 猫がたくさんいる
  • 蚊柱がだっている
  • 川や用水路が近くにある
  • アスファルトに亀裂が入っている
  • 高圧電線が近くにある
  • 薬草が生えている

ご自宅近くにこのような場所はありませんか?

あった場合はジオパシックストレスの対策が必要かもしれません。

ジオパシックストレスの対処法

ご自宅の環境が上記の特徴に当てはまり、体調がずっとすぐれないという方は

まずは寝室の位置を変えることをおすすめします。

長時間過ごさない工夫をまずしてみましょう。

ジオパシックストレスの対処には地相鑑定を行うこともおすすめです。

水晶などを使って土地の周波数を整えましょう。

ただし、やみくもに置けばいい、埋めればいいという訳ではなく、

きちんとした場所の特定が必要です。

当店でもジオパシックストレスのご相談を受け付けております。

気になる方はご連絡くださいね。

  • この記事を書いた人

陽月(ひづき)

-スピリチュアルブログ